園長あいさつ

開園84周年 園庭に増築棟が工事中!来年度は学級も増える麻布幼稚園 
 「港区立麻布幼稚園」のホームページにようこそ!!


本園は昭和9年に開園した、港区で3番目にできた幼稚園。港区の六本木に近い、麻布台にあります。

平成25年度に3歳児学級が設置され、3年保育を開始しました。
平成27年度からは『預かり保育』も始まりました。組の名前は、園章にちなんで「はとぽっぽクラブ」です。
園児たちは保育時間も、預かり保育の時間も元気いっぱいに遊んでいます。

園児は定員が増え、全園児で85名となりました。平成30年度は77名でスタートしました。

只今、本園は園庭に増築棟の工事中。園児たちは園庭では遊べませんが、併設小学校の校庭、砂場、体育館などを借りて、元気に体を動かしたり、小学校の砂の感触を味わったりしています。以前に「バッタ園」という名前の園庭も広く整備され、学級全体でそこに出かけて活動しています。園庭の木や固定遊具はほとんどなくなってしまいました。しかし、平成30年度の冬には増築園舎も園庭も完成します。春の完成が待ち遠しいです。

平成31年度からは麻布幼稚園は生まれ変わり、もっと大勢の園児が集う幼稚園となります。

保護者はとても協力的で無理なくPTA活動を行っています。役員さんは園児のために幼稚園のために共催の行事の運営、広報誌や役員会だよりの作成等に当たってくれています。園だけではなかなか難しい「なつまつり」や「おもちつき」の行事の運営も積極的に行っています。これから始まる未就園児の会『らっこクラブ・いちご組』も保護者がボランティアで運営しています。

どうぞ、麻布幼稚園の見学にいらしてください。ホームページにも園児、保護者の元気!!をアップしていきます。どうぞ、ご覧ください。

平成30年5月 港区立麻布幼稚園長 大島美知代